記事一覧 | ホーム »布教活動

2009年11月01日

今になって穂高望(inspiredir)を推せる喜び、とかえで通りの今

この記事のリンク先には成人向けコンテンツが含まれています。

知り合いの小説家氏がうちに来て
「ある人が、エロゲ界隈で良い文章を書く人を捜しているんだよ。
いま波に乗っているというよりも、実力のある人。
どなたか知らない?」と言ったので

穂高望!穂高望!( ゚∀゚)o彡゚

と叫んでおきました。
返す刀で「対ノ日」をやらせたところ
「叙述のレベル高い。雰囲気の出し方もうまい。
エロゲ向きじゃねぇだろ色んな意味で」と高評価。
早速穂高氏の名前を先方にメールしたとのことです。
ここから先は外野の私が首を突っ込めるものではないので
あとは、氏に良い出会いがあることを望むだけです。

それにしても私は「相応の評価を受けること」の難しさを分かっている
 つもり なので、こういう推薦行為が出来るということ自体
望外の喜びなのです。いちファンとして、という以上に。

過去の信者文:
『対ノ日』(inspire)は至高の姉ゲーでした(2006年07月01日)
days innocentシリーズは自分にとって神ゲーです。
今になって模倣しようとしてる
ファンアートも描きます。珍しく

pixiv会員でないかたは直接リンクで。

そして2010年あたま、TECH GIANの付録にてこの人らの新作『chill out』が!
ふははは頑張っておられる。

ネットでの反応:

2009-10-21 - スピリッツ・オブ・リズム:

→“chillout”は開発の遅れで連載開始が年明けにズレ込むとのこと。inspire信者は皆、忍耐のスキルを持っているから問題無し(ぉ

junk-plus:inspire dirの新作が始動!

 それと、穂高望は早く一般小説の賞に投稿するように。おかしな賞に応募しなければ、間違いなく受賞する。受賞しなければ選考委員が無脳の証左。

同意です。というか物凄い一体感を感じる笑
休眠工作員しながら本国の指令に耳を澄ませている状況ってこんな感じだろうか。
でもエロゲ商売には完全に不向きな作風(ファンが言うな)なのに
このジャンルにまだ居られることに男気を感じたりしてる信者の揺れる心。

このメディアの持つ多様性に魅力を感じている身としては
(それが2000年ごろを境に過去のモノになっていたとしても)
こういう人がもっと居ていいと思うのです。

ーーーーー
こっから先は信者以外にはどうでもいい話。
先月所用でかえで通りに行ってきました。
場所は東京都府中市、分倍河原駅前。

kaededori_bubai.jpg

通りに立つ看板は皆このタイプ。うーん金掛かってます。
でもアレですね、FUCHU CITYって書かれてるので
あのゲームの舞台に来たよ!って感じではないです。
コミュニティバスがガンガン走っていたり
個別収集に向けてゴミステーションを全廃しようとしてたり
なかなか住みやすそうで綺麗な街ですが、建物は多いし。
むっち達は居ないな、ここには。

kaededori_musashisakai.jpg

いっぽうこちらは武蔵境駅前のかえで通り(武蔵野市/三鷹市)。
うむ、この匿名性がグッド。周りは府中よりも畑が多いです。
(注:写真共に2003年時点のもの)
頑張って妄想すれば会えそう。

そういえば府中のかえで通りは、2003年には無かったような。
全国を探すともっといっぱいあるのでしょうか。
うーん、本当に信者以外どうでもいい話でした。

同人サークルinspiredirのサイト:
http://www14.plala.or.jp/inspiredir/

かえで通り -Gechu.com