記事一覧 | ホーム »日記 »個別記事
« 2006賀正とストーブのメンテと流星群コメント不具合のおわび »

2006年01月17日

負傷

やかんのお湯を足の甲にぶっかけてしまいました。アツアツの奴を。
「やばーい!」と思って靴下を脱ぎ(これは損傷が広がるので良くないらしい)浴室のシャワーで冷やしました(これは正解)。

水泡が10平方cmを越えてます。一部破れていてリンパ液がだらだら。さすがにイカンなーと思い外科病院へ。外科のお世話になったことがないのが自慢だったので、ちょっとショックです。

処置後。
yakedo1.jpg

このまま負けっ放しではいけない(?)ので後学のために病院内を観察。カーテンレールとか意外にどうなってるか分かりませんからね。あと待合室にあった夏目漱石『こころ』を読んでみたり。

そういえば、病院に置いてある機械は実に色々な音がします。アイシングマシーンとかいう、でかいパットで患部を冷やす機械に繋がれましたが、こいつが始終電子オルガンかテルミンみたいにピヨンピヨン鳴っていました。VVVFの作動音?UFOに拉致された人の気分。

医療機器がピコピコ鳴るというのは、使用者への注意喚起として重要なのでしょう。単なるブザー音ではどういう意味か分からないでしょうし。
余談ですが昨年キプロスの旅客機が墜落した事故では、パイロットが予圧警報を何だか分からずに酸欠、失神したのが原因だそうです。やっぱり究極的には全部音声警報にしたほうがいいんでしょうかね。

とベッドの上でやることが無いので色々考えておりました。今日も『こころ』の続きを読みに行きます。
あと不注意で関係先等に迷惑を掛けてしまい申し訳ありませんでした。以後気を付けます。

あ、あとこのやかんは速攻買い換えます。

yakedo2.jpg

[△TOP][記事一覧][ホーム]