記事一覧 | ホーム »アクアリウムDIY »個別記事
« テポドン2と日本の宇宙開発夏コミ出ません/新作イラスト/時かけ観ました »

2006年07月23日

水槽冷却ファン(自作というほどでもない)

coolingfan01.jpg

私の家では、夏をクーラーをつけて過ごしていますが
冷房に弱い体質のせいで温度設定は27度以下になることがありません。
なので気化熱で水槽を冷やす冷却ファンは欠かせないものになっています。
で例によって自作しています。もっとも自作をする理由があるのですが(後述)。

coolingfan02.jpg

ファン本体は、お役御免となったパソコン用電源から取ってきます。
(新品はパソコンパーツ屋に売っています。)
でホームセンターで木の切りくずを貰ってきて釘や木工ボンドで四角く組みネジ留めします。
裏に隙間塞ぎ用のスポンジテープを貼って完成。大した工作ではありません。
ちなみに半田づけなどで端子がむき出しになってしまった場合
湿気とショート対策としてビニールテープを巻くか熱収縮チューブを取り付けましょう。

coolingfan03.jpg

電源は、改造逆サーモに繋いだACアダプタで3分岐させて3つを回しています。
分電ボックスがコインケースに見えますが気のせいです。
7.5Vで回しているのと、スポンジが振動を吸収するので音はうるさくありません。

さてご覧になってもうお分かりかと思いますが、
本機は一般的な吹きつけ型ではなく吸い込み型です。
というのも私が「水槽には断固ガラス蓋」派だからです。

  • 魚が飛び出して死んだり、ホコリが入ったり、必要以上に湿気を出されるたりするのが嫌
  • ファンのメンテ窓が風の吹き出し方向に開いてるので、水面と向かい合わせると湿気が入るおそれがある
  • 乱気流を作り出す吹きつけ型より、工学的にスマートな事をしている気分になれる(ちゃんと風を回せばの話)

なお海水水槽では、吸い込み型は塩ダレが起こるそうなので使えない様です
また部屋用クーラーや除湿器を併用せずに水槽の温度を維持できるかは、
私からは保証致しかねます

少なくとも12Vでフル稼働させる必要があるでしょう。

設置ですが、割れたガラス蓋を組み合わせてそこだけ開口する様にしています。
あとは上に置くだけです。

これらを使った自宅水槽の中身はこんなです(2010.4)
水草水槽崩壊写真集

読者様のDIYにおける事故につきましては、
いかなる場合においても当ブログは責任を負いかねます。
内容を鵜呑みにせず、情報収集にお努め下さい。
アクアリウム機器改造・自作のさいの危険回避について

[△TOP][記事一覧][ホーム]