記事一覧 | ホーム »日記 »個別記事
« 細田守『時をかける少女』演出ピークのズレ日本沈没2006は意外と良かった »

2006年08月16日

ゲド戦記を観てきたのですが

ネットでの酷評よりは良かったです。これはお世辞ではないです。
私にとっては「金返せ!」が最悪の感想で、観客に嫌がらせする作品(エヴァとか)
とかではなかったな、ということです。(もっともメンズデ-で千円でしたが)

ちなみに、ハウルを観たときには「金返せ!」と思いました。

あと、ひとつだけ明確にNGを出すならば「子供は連れてくな」でしょうか。
というか隣のファミリーがうるさかったです(これは映画と、宣伝の仕方が悪い)。

以降ネタバレは無いですが、何だかんだで酷評なのでそれでもよろしければどうぞ。

美術はなかなか。
『緻密=上手い』な人には不満だったかも知れませんが、
少なくとも責められるべきは美術の方向性や出来ではなく、
場面(場所)の選択にあったと思います。

音楽は、私は寺嶋民哉氏のファンなので大満足。
ファルコムのオケアレンジやってた頃から好きでした。
なに~~~!!!サントラに『テルーの唄』はアカペラしか入ってないんかい!
タミーの伴奏聴きたきゃシングル買えってか。やってくれる。


さて、物語の感想なんですが

物語の先を想像できないと、観客はこんなにストレスを感じさせられるのか

と考えさせられました。
ここでいう『物語の先』とはその時々の暫定的な予想で、
結末がどうとか予想が当たったか否かは関係ないです。
「主人公の目的は○○か」「こいつが仲間になるのね」「こいつがラスボスだな」といったものです。

物語を作ったことの無い向きにはピンと来ないかもしれませんが
これがまた個人的にはけっこう衝撃的でして、大急ぎで自分の漫画をリテイクしているくらいです。
キャラを一人丸々入れかえる事になってしまいました。
そのへんを気づかせてくれただけでも、観て良かったなと思いました。
(完全に個人的理由ですね…)

あと監督には「受け手を思い通りに動かせると思うなよ」と言いたいです。
もちろん自分も肝に銘じます。
その意識があるからこそ独りよがりは止そうという気持ちが持てるわけで。

まぁそんな感じです。
あとは色々考えましたが書く気が失せました。もう細田信者の工作活動と思われてもいいや(笑)


 

せっかくだから俺は寺嶋民哉を推すぜ

夜明けの風ききながら
B00005FS60桂木萌 濱田理恵 寺嶋民哉

ポニーキャニオン 1999-11-03
売り上げランキング : 16628

おすすめ平均star
star坂本真綾が好きなら、忘れてはならない一曲。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

坂本真綾ソングにありがちな、無闇にトリッキーなメロディ(偏見ですスミマセン)ながらも
分かりやすさと美しさがしっかりある。かなり好きです。

[△TOP][記事一覧][ホーム]