記事一覧 | ホーム »日記 »個別記事
« ゲド戦記を観てきたのですが方針転換?のおしらせ »

2006年08月26日

日本沈没2006は意外と良かった

ネットで原作ファンが「何だかなぁ」と言っていたのと、
ラジオで伊集院光(旧作TVシリーズ大好き)が「俺には合わなかった」と
熱っぽく語っていたのでなんとなく回避していたのですが、やっと観ました。
ありゃ、新作も結構良いではないですか。
公式サイト
原作信者としても、
石坂浩二首相と柄本明観測員が旧作の雰囲気をリスペクトしてたので満足。
トヨエツ版田所博士も、これもアリだな、な感じです。

ビジュアルは大満足。CGではない瓦礫のセットなども力が入っていて良かったです。
映画館で観て損した、ということは無いでしょう。

さて褒めまくるのはこれぐらいにして良くなかったところを。
長いですが、悪口を言い捨てるのが嫌いなので勘弁してください。

ネタバレあります。

まー何といっても主人公カポーのラブ関係の出来が悪かったのではないかと思います。
これはモテない人のひがみではないはず。
シーンの数が少ないうえにそれぞれの尺が長い。
よってシーン間に何があったか(=お互い惹かれていく過程)がサッパリ分からないのと
間延びしているものだから「あー早く次いってくれんかのー」と思ってしまいます。
パール・ハーバーほどではないですが。

それと、日本が沈んでいく過程がよく伝わらなかったのが原作ファンとして残念。
なので
『日本海側から脱出』(太平洋側から沈むから)
『自衛隊のホバークラフトで接岸』(港湾設備が沈んだから)など
せっかくのおいしい描写の意図が伝わらなかったようです。
対策本部に巨大スクリーンがあるんだからエヴァっぽくふんだんに図示して欲しかった。
『○パーセント沈没』とか。

あと個人的にはあまり『災害』っぽくなかったなぁと思いました。
『遠くから圧倒的な何かがやってきて人々を飲み込む』これは怪獣映画じゃん、と。
阪神淡路大震災の犠牲になられた方々の死因の8割近くが
建物の倒壊による窒息・圧死だそうですから
そのへんの感触もあって良かったのではないかと思います。
防災関係者の入れ知恵はなかったのだろうか。少なくともこの映画を観て
「早く乾パンとミネラルウォーター買ってこないと!」とはならないでしょう。
結果として地震速報画面以上のセンスオブワンダーも無かったなぁと思いました。

あと、以前何となく予言した『小松映画の法則』が大的中してしまった訳ですが
超兵器(原作には無い)じたいは、
掘削船『ちきゅう』をフィーチャーしたお陰で特に気にならなかったです。
あれがあったお陰で説得力がありました。
ただ「なんで巻き込まれないんだよ!」とは思いましたけど…。

最後に、原作と旧作に色濃くあるテーマ
『国土を追われた日本人はどうなるか、日本人とは何か』が
凄い勢いでスルーされてる件は、まぁ致し方なし、と言った感じです。
邦画の大作はデート映画にしないと成立しないってことで…。
もうすっかりあきらめムードです。
むしろ曲解されてクサい愛国映画にならなかったので、良かったと思っております。
やれ左だ右だ、日中韓だ、みたいなセコいスケールの話じゃないですからね。


良かったら旧作もどうぞ。

日本沈没
日本沈没小松左京 橋本忍 森谷司郎


おすすめ平均 star
starリメイク版よりこちらを!
starリメイクの後に観ました
starリメイク版より面白かった!
star丹波総理大臣あっぱれ
starなにもせんほうがええ・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
細部の緻密な描写に萌えたい人は原作(上・下)を
日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1
日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1小松 左京


おすすめ平均 star
star今の時代にも合った作品
star30年振りの映画化だが〜「日本以外全部沈没」も読んで
star危機を救える人物像
starSFというジャンルを超えた作品。読んで損はない(上巻)
star映画化されるんですね!!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
409408066X日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2
小松 左京

小学館 2005-12-06
売り上げランキング : 2385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アニオタさんは花枝に萌えてください(嘘)

[△TOP][記事一覧][ホーム]