記事一覧 | ホーム »アクアリウムDIY »個別記事
« 『カノッサの屈辱』一夜だけ復活(俺さまテレビデイズ)『秒速5センチメートル』期間限定配信中 »

2007年02月10日

60cm水槽照明のインバータ改造

私の水槽では、ニッソーカラーライト600(2灯)を愛用しています。

ニッソーカラーライト600(2灯)の利点

  • 安価
  • 構造が単純
  • (比較してませんが)反射板が大きいので明るい

ただそのままでは重い、熱くなるのと(水草用としては)暗いので改造を施しています。
一部始終を公開します。

60light01.jpg

購入早々分解。(当然メーカー保証は無くなります)

60light02.jpg

安定器やグロー管は不要なので取り除く。

60light03.jpg

電球型蛍光灯から外してきたインバータ回路を取り付けます。

秋葉原の秋月電子通商などで売っているインバータユニットは安価で便利ですが、
筐体の空きスペース的に難しいようです。
(内部を見たことは無いですが、
GEXのライトなどは筐体が大きいのでその点良さそうです。)

電線が足りないので、別途調達して使用します。
家庭用の電気コードを買ってきて使うのが手軽です。

どう配線して良いかは、電球型蛍光灯の内部を見てお察し下さい。
(6本配線すれば良いです。)
スイッチを挟む位置は、理科の授業でやったアレと同じです。
全く想像がつかない場合は潔く諦めましょう。

60light04.jpg

回路に絶縁コーティング剤を吹き付けます。
サンハヤト社(昔からお世話になってます)の『ハヤコート』です。
水槽にガラス蓋を用いない、オープンアクアリウムの場合は必ず施したほうが良いでしょう。
推測ですが、インバータライトの故障のほとんどが湿気によるものと思われます。
コーティング剤はネット通販で普通に購入できるようです。

60light05.jpg

回路が裸のままだとショートしてしまうので絶縁します。
というか単にボール紙で巻いているだけです。
空間に余裕が無いので、ねじで固定するのは困難だと思います。

以下は反射板に台所用アルミホイルを貼り付ける様子です。

60light06.jpg

60light07.jpg

60light08.jpg

完成。
3,4割は明るくなり放熱も抑えられます。
効率が上がるので電気代も抑えられるはずです。

関連情報
90cm水槽照明の自作

<お約束>

・この記事を参考にした自作の装置のトラブルに関し、当方は一切の責を負いません。
・製作ミスにより火災を起こす確率がゼロとは言い切れません。
・ショートにより他の電気製品に影響がでる可能性は、火災の場合よりもだいぶ有ります。
絶縁に留意してください。


これらを使った自宅水槽の中身はこんなです(2010.4)
水草水槽崩壊写真集

読者様のDIYにおける事故につきましては、
いかなる場合においても当ブログは責任を負いかねます。
内容を鵜呑みにせず、情報収集にお努め下さい。
アクアリウム機器改造・自作のさいの危険回避について

[△TOP][記事一覧][ホーム]

コメント

□ kai

水槽の照明について調べていたら、こちらのサイトを見つけました。
最近アクアリウムにハマっていますが、
照明器具が高くて悩んでいました。
とても参考なります。
ところで、電球型蛍光灯に内臓されているインバーター回路は、
長持ちするものでしょうか?
1年半以上前のブログですが、今も進行中ですか?
また、流用の際は、近いワット数のものを使うべきしょうか?
よろしければご教授ください。

□ kanaejun

>Kai様

返事が遅れました。すみません

>ところで、電球型蛍光灯に内臓されているインバーター回路は、
>長持ちするものでしょうか?

うちでは(全てフタあり水槽)上の作例も含めて
現在も全て稼働しております。
寿命に関する要因として、湿気や回路周辺の通気性などが
関わってくるのではないかと考えております。

>また、流用の際は、近いワット数のものを使うべきしょうか?

実は36W用ので20W直管を動かしたりしています。
より明るくなります。今のところ不具合はありません。
なお、「36W」というのは元の製品のスペックなので
回路の実質的な出力は不明です。
上の発言に責任は持ちませんのであしからず!w

ちなみに別の機材では、
36W用で50WFPL管を動かしたりもしていますが
相応の明るさで光ります。これは問題なさそうです。

>1年半以上前のブログですが、今も進行中ですか?

やってますよー。今は昔ながらの砂利底床で
水草水槽にチャレンジしています。
ソイルに比べ全てがゆっくりです

□ kai

カナエさん、こんにちは。
返答ありがとうございます。
じつは先日、偶然にも職場の先輩からニッソーの60cm2灯をもらいました。
外観はカラーライトとそっくりですが、もっと古い物のようで、
裏面のラベルには「カラーライト」とは書いてありません。
消費電力は同じ49Wです。
これをカナエさんのを参考に改造してみようと思います。
インバーターも長持ちしているようですし・・・
(当然自己責任です)
そこで、またまた聞きたいのですが、
使用する電球型蛍光灯のワット数ですが、外箱に
例えば「消費電力12Wで60W相当の明るさ」などと書いてあります。
今回使用した36Wとは、どちらの数値でしょうか?
よろしければ、
http://www.akaricenter.com/akari_denkyu.htm
の中から、使用した球のタイプを教えていただけますか?
メーカーは違っても、種類はアルファベットで決まっているようです。

私はまだ始めたばかりですが、
DIYも含め、とにかくコスト重視でやっています。
自分はいきなり砂利からスタートしました。
肥料の加減がまた掴めていないので、
水草が溶けたり、コケが目立ったり、悪戦苦闘しています・・・

□ kanaejun

>「消費電力12Wで60W相当の明るさ」などと書いてあります。
>今回使用した36Wとは、どちらの数値でしょうか?

前者です。60W~というのは
「白熱灯だと60W食うけどこっちは12Wで済むぜ!」という謳い文句です。

>使用した球のタイプを教えていただけますか?

ズバリ「日動 トルネードバルブ」です。
一般的な家庭用電球ではなく、屋外作業用または店舗用の球です。
(家庭用だと22Wぐらいまでしかないので)
ホームセンターの作業器具コーナーでも売ってます。

コケが出るようなら(CO2の添加にもよりますが)
24W回路x2ぐらいで始めるのが良さそうですね。

※コメントの受付は終了しました。2014.5