記事一覧 | ホーム »おすすめ作品 »個別記事
« 音速は34000センチメートルです!!『ブラッド・ダイヤモンド』を観ました »

2007年04月26日

バッドエンドの物語を作る場合は

というか、バッドエンドというよりも、ハッピーエンドではない、と
言ったほうが良いでしょうか。
そんな物語を作る場合は

『作者の主観』を排除する

のが大事だと思われます。
ただし物語を作る行為じたいが主観によるものなので
受け手側から見てという意味です。

例えば、人気の出そうな美少女キャラがおっ死ぬシーンがでてきて
そこに不自然さを感じたら、
それは『作者の主観』が現れていると思って間違いは無いです。

もし作品から『作者の主観』を感じてしまった場合、受け手を鬱にすることは出来ても
多数からの共感を得ることは難しいと思われます。
場合によっては『あざとさ』を感じてしまう人もでるかもしれません。

そうならないよう何とかして、
バッドな展開を不自然では無くするように努力するのが
受け手に厳しい結末を突きつける作者の、義務であると思います。
というか自分はそういうポリシーです。
観客をブン殴って得た涙に価値はあるでしょうか。

とはいえ、
実際はどうやればいいか分からない、雲を掴むような目標ではあります。
でもあれこれ考えた結果、
以下のいずれかのガイドラインをもとに行動すれば
何とかなりそうな気がします。

a.ひたすら神の目線で作る
b.登場人物とひたすら同じ目線で作る

もう少し砕いて言うと

a.「世の中ってこんなもんだよねハハン」と受け手が悟る
b.受け手が登場人物と一体化してどんな運命もバッチコーイ状態になる

ってとこでしょうか。

…はい。
以上、覚え書き。

だからどうした、と全くもってオチがついていないので
最後に、私のプアな鑑賞歴の中からおすすめアンハッピー映画を。
これぐらいやって頂ければ、
ハッピーエンド至上主義者の私でも拍手喝采です。

二十日鼠と人間
B000MR9AXOジョン・マルコビッチ ゲイリー・シニーズ シェリリン・フェン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-03-23
売り上げランキング : 2784


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これとは別に2002年発売のバージョン(廃盤?)があるのですが
カスタマーレビューに思いっきり核心のネタバレがあって萎えます。
普通の人はスタインベックの原作も映画化第1作目も未見ですってば。
こちらはまだ無事ですがお気をつけ下さい。

キッズ・リターン
B00005EDS2北野武 金子賢 安藤政信

バンダイビジュアル 1999-06-25
売り上げランキング : 23124

おすすめ平均star
star☆1つです
star最高作!!
star青春映画NO1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

神の目線を貫いて、ほんの少し『作者の主観』を入れるそのさじ加減が素晴らしい。
ただ、幸いなことに屈折した青春を送らなかった、という方には共感できない映画かも。

[△TOP][記事一覧][ホーム]