記事一覧 | ホーム »ピンキーストリートカスタマイズ »個別記事
« 大河ドラマ面白いメイドピンキー製作記02・コンセプト »

2007年08月30日

今更ピンキーストリート

数ヶ月前からいきなりピンキーストリートを買い始めました。
なおピンキー(略)とは、パーツが組み替え可能な塩ビ人形です。
ディフォルメが絶妙でかわいいです。

くわしくは公式を
VANCE PROJECT

そして速攻でカスタマイズ開始。
ピンキーには、粘土を盛ったり削ったり色を塗ったりして
オリジナルピンキーを作る、という楽しみ方があるのです。
maidpinky00_2.jpg

まぁ何が作りたいかは、お分かり頂けたと思います。

実を言うと、手元の彼女(?)は既に塗装が半分くらい済んでいるのですが
秋雨の季節になってしまい製作が中断してしまいました
(湿気で塗装が曇るのです)。
そこで、完成してから書こうかと思っていたのですが
フライングすることにしました。

さて模型初心者のくせに、最初から明らかにいじりすぎですが
(普通はまず、パーツ1個だけ作り直すとか・・・)今のところ何とかなっています。
やはりピンキーカスタマイズは模型製作の中でもかなり敷居が低いようです。
造形が良い意味でユルいので、細部の工作のヘボさを吸収してくれます。

ガンプラとか、縮尺模型全般だとこうはいかないでしょう。
そしてその点が、プラモやフィギュアに私が手を出さなかった理由なわけです。
(自分の中では)目の前のしょぼい立体を見るよりは
模型雑誌で職人技を眺めたほうがいいよな、となってしまいます。

しかし、オンリーワンな立体物となると話は別でして。
実際作っていて楽しいです。

そんな訳で、今後も気が向いたら製作記とか書こうと思います。
よせばいいのに、
模型用よりもホームセンターで買った材料や道具を重視しているので
多少は個性的なTipsになるかもしれません。

最後に、ニコニコ動画が見られる方はこれを観ると良いかも。

ピンキーでやよいを作ってみる その1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm882768

製作している様子を早回し動画で。
やってることは同じなのですがスゲー手際が良くてビックリです。
というか作り始める前にアップして貰えれば参考になったのに・・・。

[△TOP][記事一覧][ホーム]