記事一覧 | ホーム »ピンキーストリートカスタマイズ »個別記事
« メイドピンキー製作記02・コンセプトウソをウソとして楽しむ »

2007年09月07日

完成しそうでしない/設計図を書く

maidpinky03_0.jpg

前の2回を読み直してみたら、見事に能書きしか垂れていない事に気づき
猛烈に恥ずかしくなったので、現時点での作品を急遽アップ。
遠目には完成したように見えますが、細部が終わっていません。
初めての油性塗装でいまだ四苦八苦しています。
最後のトップコーティングで失敗しそうな予感。

というわけで時間を戻しまして、準備編です。
改造ベースとなったピンキーはこれです。(初めて買ったピンキー)

maidpinky03_1.jpg
髪rmp01、ヘッドPK004、他はPK010
模型屋で心の赴くままに買ったので、名前や型番はあとで知りました。

さてベースは決まりましたが、
完成イメージが無いと今後がグダグダになってしまうので設計図を書きます。
しかし、設計図どおりにいかないのがDIYの常。
よって方眼紙とかCADとか、そんなものは使いません。
上のデジカメ写真と、横から撮った写真にフォトレタッチソフトで書き込みます。

maidpinky03_2.jpg
パーツは全てレイヤが別になっているので(Photoshop使用)
一部を非表示にして製作工程をシミュレーションすることも出来ます。

デザインについてですが
フリルの製作がいちばん困難だと思われたので色々検討を行っています。
スカートの形状に関しては前回の通り。でも右のは広げすぎです。
なにげに重要なのはエプロン上端の高さ(肩ひも除く)で
適切な位置に無いと着こなしがルーズに見えてしまいます。

エプロンの下半身部分の大きさも、
全体のバランスを大きく左右するので慎重に検討します。
それと、他の方が作られたメイドピンキーを見ると
スカートを地面ギリギリまで伸ばしているものが多いのですが
個人的には足の表情があってこそのピンキーストリートだと思うので、
丈は短めにしました(でもミニスカにはしない)。
ヒップが上方に移動するので、そんなに短くは見えないと思います。

さて、次回から製作編ですが、このシリーズはまだ続くのでしょうか・・・。
塗装が進まない腹いせに書いているだけかもしれません。

[△TOP][記事一覧][ホーム]