記事一覧 | ホーム »宇宙開発応援中 »個別記事
« パブリック・コメントですよ「宇宙開発に関する長期的な計画」に関する意見募集【締め切り当日】宇宙開発パブコメ2通目 »

2008年01月29日

【締め切りまで2日】宇宙開発パブコメを送った

送りました。事前公表禁止というのは無さそうなので晒します。
なおこちらの記事がイントロダクションです。

追記:2通目送りました

「宇宙開発に関する長期的な計画への意見」

・氏名
・性別、年齢
・職業
・住所
・電話番号

・意見
--------------------------
箇所

2.宇宙開発利用の戦略的推進 (3)宇宙探査への挑戦

概要

文意の不明瞭な一節があり恣意的な解釈が可能。
計画書の掲げる理念に沿ったプロジェクトの選定、実行が
妨げられるおそれがあるので、削除すべき。

意見

>(ここから引用。10ページ目)
>また、宇宙探査は、一つのプロジェクトとしての規模が大きく、
>長期間に渡るものになりがちであることに注意し、
>プロジェクト期間として数年程度にまとまったものを組み合わせて
>計画的に進めるよう努める。
>(引用終わり)

「規模が大きい」「長期間に渡る」の定義が不明瞭です。

「規模が大きい」とは、関係機関が多岐にわたり関わる人数が多いのか、
探査機が複雑、巨大だということなのか、
要する費用が大きいのか、はっきりと定義されていません。

「長期間に渡る」とは、プロジェクトの準備期間なのか、
探査機の目的地までの飛行時間が長いことなのか、
探査対象の観測が長期に渡ることなのか、これも明快ではありません。

従って、理解の仕方によっては
例えば外惑星への探査計画を抑制したり、
稼働中の観測計画を途中で打ち切るような、
宇宙探査の意義、学術的成果を減ずるような運用が可能になります。

これは「(3)宇宙探査への挑戦」の冒頭(P9)で
謳われた理念と反すると思われますので
意見者としては上記の箇所は削除すべきと考えます。


なお、「規模が大きくなりがち」というのは
宇宙開発計画全般に言えることだと思いますので、
宇宙探査の章ではなく、総論の部分に記述するのが
適切だと思われます。

また上記箇所の意味することが、
近年のアメリカ合衆国による火星探査のように
「機能を絞った探査機を間断なく打ち上げる」という意味であれば
意見者としては歓迎すべきことと考えます。
その場合は、明確にその旨を記述すべきです。

以上

良し。まぁ、中の人には言わんとすることは分かるでしょう。
しかしこれだけなのに脳が疲れた。

なお、この文はパクりOKです。(たぶん「同様○通」となる)
ただ匿名で送ると、事務の人に無かったことにされるらしいのでご注意下さい。

さて内容的には「揚げ足取り」になってしまいましたが、
日本の宇宙開発についてもうちょっと建設的な意見も持っているので
それも出来れば送りたいです。(複数意見可)

[△TOP][記事一覧][ホーム]