記事一覧 | ホーム »おすすめ作品 »個別記事
« pixiv始めました反日新聞乙とかじゃなくて(毎日新聞英字版サイト騒動) »

2008年06月20日

プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」を観ました

ちょっと前になりますが、観ました。というか今頃存在に気づきました。

公式
予告編、上映館情報

宮沢賢治の童話を、
CGアーティスト、KAGAYA氏が自身の作品イメージを元に動画化。しかも全天周ドームCG映像です。
なかなかだったので感想を書きます。
(お話のネタバレはありません、まぁ念のため。)


■映像 100てん

光の表現が秀逸です。
お話的に、サウザンクロスを筆頭に色んなモノがビカビカ光るわけですが
光るところと、光らないところのメリハリが効いてます。
何でもかんでも光の洪水にしないのはウマい。

こういう題材だと、光源をひたすらフレーム内に捉えて
レンズフレア、回折光、反射光…と超豪華キラキラワールド!
エ○クトリカルパレードだ~!とやりたくなりますが
意外なことにその辺は極めて抑制的です。
観客に伝わっているかは分かりませんが、醸し出す静謐感が好みです。

また画面に動きを持たせる工夫もされているようです。ススキの穂の表現には関心しました。
というか、銀河鉄道が夜、しかもだだっ広い野原を進むせいで
陰影表現にものすごく苦労されてる感じです。
光源とカメラの間に物体を置いて、影を作り出すことができれば
対極としての光の表現は格段にやりやすくなるので。

また情景に関しては、私は以前、
銀河鉄道のモデルとされる旧岩手軽便鉄道(現・釜石線)に行った事があるのですが
銀河の中を走るという設定にもかかわらず、かの地と同様な感じをうけました。

lochun03.jpg
宮守川橋梁(めがね橋)2006年10月

腕木式信号機とかヘロヘロな木橋とか、いかにも軽便な鉄道施設もグッド。
また客車内のディティールも良く再現されていると思います。ちょっと驚きました。

■お話 50てん

残念なのはお話です。
本作は言ってみれば「銀河鉄道の夜・名場面ダイジェスト」です。
それはそれで良いのですが、何と、間引いた部分について全くフォローがありません。

従って、話を知らない人が観ると、少女たちが乗ってきて降りた理由とか、
カムパネルラは結局(略)とかが分からず頭の中がハテナマークでいっぱいになります。

本編とは別にナレーションパートを挿入しているのですから
そこでフォローしても良かったのではないでしょうか。
特に少女の件は結末の前フリとして重要だと思うんですけどねー。
サウザンクロスだの賛美歌だのの宗教的意味合いも薄まってしまったし。

「ここで宮沢賢治は…」とかの「解説」を観客は求めていません。
物語りに徹して欲しかったです。

■演出 80てん

オープニングと、エンディングと、サウザンクロスのシーンが神懸かっていて
「こいつぁ金払った甲斐があったぜ!」と思えます。
ちなみに開演前「酔うかもしれませんのでご注意下さい」と言われます。

ただ他のシーンは、カットの尺が長いものばかりなせいか、
はたまたカメラアングルのメリハリに乏しいのか、少々冗長な気がしました。
が、かなりの部分が後述の声優と音楽に救われています。
なお、映像、音楽、朗読のシンクロに気が配られています。
こういう映像作品を見るのは気持ちよいですね。

■音楽 90てん

弟さんの加賀谷 玲氏の作です。
ピアノ、シンセストリングス、コーラスの多用。
素直で分かりやすいメロディ。リバーブ深め。リズムトラック無し。
ど直球なヒーリング系ナンバーですが、その割りには結構音楽表現に幅がある方だと思います。
(これは偏見か)
初期のS.E.N.S.みたいです。かなり好みです。さっそく通販でサントラを買いました。
挿入歌の「One night」もお気に入りです。
(というか私はボーイソプラノっぽい声が好きなんだな、きっと。)

■声優 100てん

桑島法子氏による一人多数役+朗読です。
全部声色が違います、芸達者ですね。好きな声優さんです。
少年たちも雰囲気たっぷりなのですが、秀逸なのは少女カオルの話すサソリの物語(の朗読)。

「ええ、蠍は虫よ。だけどいい虫だわ。」

いま当該シーンのBGMを聴きながら書いてますが
やばい、涙出てきた。

■まとめ

・原作を知ってから。アニメ映画(猫のやつ)でじゅうぶんです、あれも傑作。
・大画面マニアと桑島法子ファンは行っとけ!
・DVDですますなんて とんでもない!(追加映像あるけど)

-----
■補足

出回っているバージョンが3つあるようです。

48分DVD版/38分通常版/28分短縮版

DVDは別として、上映館によって長いのと短いのがあるそうです。
私が観たのは短縮版です。「星めぐりの歌」がありませんでした。
プリオシン海岸と鳥捕りも無いです(他の版は分かりません)。
なお公式の情報では通常版を上映しているはずでしたが。うーむ。
気になる方は上映館に問い合わせすることをおすすめします。

私の観たところ: 東京都中央区 タイムドーム明石
築地・聖路加国際病院向かい。9月頃まで上映予定。

参考リンク: プラネタリウムにお詳しい方の感想
N氏の映画館:不定期日記: 感想『銀河鉄道の夜』(タイムドーム明石プラネタリウム)

さて、以上、褒めまくったわけですが、なによりも再認識させられたのは
一部分の朗読を聴いても分かるとおり、原作の持つイマジネーションの豊かさ。
恥ずかしながら原作未読なので、今度読みたいと思います。

 

B000KQGN28宮沢賢治 銀河鉄道の夜
宮沢賢治
ジェネオン エンタテインメント 2007-02-23

by G-Tools


4101092052新編銀河鉄道の夜
宮沢 賢治
新潮社 1989-06

by G-Tools

なお青空文庫でも読めます。


B00005YWD5銀河鉄道の夜
宮澤賢治
PIASM 2002-03-22

by G-Tools

アニメ映画。普通におすすめです。音楽も必聴

[△TOP][記事一覧][ホーム]