記事一覧 | ホーム »信者アニメ評論 »個別記事
« 親父さん空気読め。(マイマイ新子2回目)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト。思わせぶりの罪 »

2010年01月31日

『シムーン』は百合かと思ったら正調ジュブナイルの傑作だった

個人的に「ゼロ年代で心に残ったアニメ」で『コメットさん』と並ぶ
双璧になることが決定したようです。
オタから脱落する前に、こういうのをあと1本ぐらい観てみたいものです。

あと2006年当時リアルタイムで観なくてほんとすみません。
「あざとすぎる百合だ」と回避してました。ほんとすみません。

それでは、全26話の感想をできるだけ冷静に書きます。
今更ですけどネタバレはありません。


1.テーマ前面出し

じつは、テーマ優先主義は好きではありません。
なぜなら失敗が多いからです。特にアマチュアの作者に顕著ですが、
テーマを語ろうとしてキャラに不自然な言動をさせたり、
無理矢理な話の展開をしがちだからです。

結果、血の通ったキャラクター、作品が出来ません。
証券会社のCMとかで、小さな孫が祖父に「これからは金利変動型投資信託の時代だね!!」とか
言っちゃいます。糞が!!!!と思います。

お話を作り込んでいった結果、隠しきれなかった思想がでてきちゃいました。
というのが一番良いのではないかと思います。

またアマチュア作品の場合、
語りたい!という原動力として、テーマ性は良い動機たりえますが
商業作品だと、テーマなんぞは一銭もゼニを生み出しません。
上記の害を承知でそれでもやるとしたら、ぶっちゃけオナヌィーでしょう。

シムーンは1,2話でアホみたいに明確なテーマ性を打ち出してきました。
非常に驚きました。
そして物語の定石をブン投げてでも、最終話までそれを貫き通したのは見事です。


2.巧みな設定

作品世界に置かれたガジェットが作品に緊張感を与えています。
シムーンの世界では、人は全て女性として生まれ、17歳になると「泉」へ行き
自らの意志で性別を選択、固定化します。

第1に、性の固定化は、少女(的な中性の人間)にとって
ある種のジェンダー・クライシス(性のありようの危機)なわけです。

第2に、純潔性が無くなるのか、性の固定化をすると
神の乗機ことシムーンを操縦できなくなります。
これはシムーンの操縦を生き甲斐とする少女達にとってアイデンティティの喪失を意味します。

第3に、隣国との戦争により主人公達は、
本来は祭祀用である飛行機械シムーンを兵器として使うことを強要されます。
それが嫌な場合、シムーンを降りて「泉」へ行くという選択が課されています。

何処にも退けない三重縛り。なんというサド設定。うまいと思います。
血なまぐさい描写は極力避けられているようですが、
戦場に置かれた少女達の重苦しい空気が良く出ていると思います。


3.ドブ板すぎるキャラ描写

キャラクターの抱く葛藤を執拗に描くことによって
視聴者が、キャラクターに寄り添っているような感覚を得ることができます。
彼女らのしてしまう恥ずかしい失敗も、誤った選択もあまさず拾っています。

外部から降ってわいてくる、幸運もほとんど無いです。
「だって、天才だから」的な主人公補正もほとんど無いです。
主人公達の決断によって、全ての物事が展開するのは
作劇的にけっこう面倒かつ意欲的かと思います。

まぁ副作用として、
メンバー間の争いが絶えない辛気くさーい雰囲気になっていますが
(主人公チームがこんなに仲の悪いアニメ見たこと無い)
「肥大する自我に苦しむ少女達」が余すことなく描写されていると思います。


4.何故かどんどん良くなる作画

予算かスケジュールの関係か、
スタッフがヒートアップしてきたのか(多分こっち)
あとになればなるほど作画が豪華に。
OP映像よりも良いカットがバンバン出てきます。
ハマっている視聴者にとっては大変お得です。


まとめ

思春期に、バクハツしそうな自意識を抱えた少女が
時としてそういう関係性を形づくるという意味で、
本作での百合要素は副次的な産物となっています。

本質は、彼女らが永遠の少女としてのモラトリアムを終えて
大人の世界に旅立っていくという(12人それぞれを描く!)
正調ジュブナイルとも言うべき物語です。

1話,2話において
作品の方向性が余すところ無く描かれますので、
視聴の継続はそこで決めると良いでしょう。
これは良いと思ったら、その期待は裏切られずむしろ加速して
エンディングを迎えられると思います。
なお前半にはちょっとダレる箇所があります。

逆に、昔の少女漫画というかタカラヅカ的な雰囲気は、
現状のオタク業界における
「おにゃのこ達がキャッキャウフフ」とかなりずれていますので
感性が全く合わないという人も居ると思います。
どちらにしろ、人を選ぶ作品と言えるでしょう。


それにしても、テレビアニメも捨てたもんじゃないですね。
今後もこのような、
作品に対しスタッフが真摯に向き合ったものが制作されることを望みます。
オタっぽいもの、真面目なもの、どういったものでも。
あ、でも出来ればオリジナルで。


最後に

アーエルいいよアーエル。バカだけど凛々しい。むはー
立場的に応援したくなるのは、使えないオスカルことパライエッタ。

リンク集

シムーン公式サイト
インタビュー、コメントで重大なネタバレ注意。

蔵出シムーン 監督+作画監督編
デッドリンクで公式メニューからは入れないです。ネタバレ注意。
スタッフのモチベーションが高かったことが伺えます。

『シムーン』、思春期のレクイエム(1)

私がとても好きなSF作家、秋山完氏による激賞文。
こんな長文かましてるなら新作・・・ゴホンゴホン。お待ちしています。
核心のネタバレ注意。

[△TOP][記事一覧][ホーム]