記事一覧 | ホーム »アクアリウムDIY »個別記事
« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト。思わせぶりの罪「宇宙ショーへようこそ」試写会の感想(ネタバレなし) »

2010年04月03日

水草水槽崩壊写真集

カテゴリ違いですが、ネットで皆さんの綺麗な水景を拝見していたら
アップしたくなってしまいました。

また、
コケや枯れ葉ひとつないような
「換水!トリミング!換水!トリミング!」というガチンコアクアだけではなくて
世の中にはこういうユルユルなアクアもあるんだぜーという
ささやかなアピールと、ネイチャーなスタイルから
砂利系底床のダッチっぽいスタイルへと変化していく軌跡の
個人的備忘録です。


3つ水景を出しますが、以下の基本構成は共通しています。

水槽:60x45x45cm ニッソー7M
濾過:エーハイム500
照明:20W蛍光管3,4灯(色々改造)8時間
肥料:ADAパワーサンドを2リットル、テトライニシャルスティック、液肥
CO2添加

1.トリミングをサボった場合

tank_mizu061214.jpg
2006.12 セット後8ヶ月程度
ソイル(土)はアマゾニアを使用

クリックで大きな画像がでるよ(笑)
前景にはピグミーチェーンサジタリア、
後景にはバリスネリア・ナナがもっさり生えています。
トリミングをしないでいたら、いつの間にかこんなに。
ナナが水面を覆ってしまったために
光量不足でグロッソがビヨーンと伸びています(ちょうど真ん中に見えます)。

さてその5ヶ月前。
tank_mizu060720.jpg
おお我ながらイイ感じ。
サジタリアは前景左右に数株生えているだけです。

どうやら、ソイルのpH調整効果が切れるに従って
中、アルカリ性を好む水草が勢力を伸ばしたみたいです。
草の状態は良いので肥料分は切れていないようです。

見方によっては、
最初の画像は草むらに首を突っ込んだみたいできれいなので
当初のレイアウトが崩壊したというだけですね。


2.ソイルの栄養切れ?を放置した場合

リセットにあたり購入したアマゾニアがいわゆるキバゾニアで
かわりに水草一番サンドを使用しました。

その1年後の姿。
tank_mizu080415.jpg
2008.4
どうしてこうなったかは良く覚えていませんが
色々アレだったようで水槽どころではなかったようです。
あるいは、腐海に飲み込まれたことで達観してしまったのかも。

なお水換えはしていたので魚は元気でしたし水はピカピカでした。
ただミナミヌマエビは減ってしまいました。

おそらく底床の養分が減ったことにより
水草の調子が悪化したのを、放置した結果かと思われます。

その半年前の最盛期。
tank_mizu070906.jpg
うーんレイアウト。


3.俺はソイルをやめるぞーA○AAA

セット初期コケだらけ換水修行→中盤美しい→衰退コケだらけ

これが自分のスキルでは1年サイクルで起こることが判明。
「これは楽しくない。ホビーじゃないな(俺的に)」と思いました。
そこでソイルをやめて砂利系のADAアクアグラベルを使用。

そして運命の1年後…そこにはイイ感じに生い茂る水草の姿が!
tank_mizu090331.jpg
2009.1
これっすよこのペース。ソイルと比べて成長が超超遅いですけど
他のことをやっているうちに時はどんどん過ぎていくのです。
問題なし。

そのまた1年後。現在です
tank_mizu100314.jpg
2010.3
レイアウトが崩れたものの、
変わらない適当管理でも何とかなっています。エビも元気です。


4.今後

水槽を45キューブに改めクリプト、エキノ水槽をやる予定です。
規模縮小により、トリミングや追肥など
モチベーションが低下しても全体に世話が回るようにしたいです。
ダッチアクアリウム的にラインヒーターも使用するつもり。


まとめ

趣味への没頭の仕方には色々あると思いますが
私の場合は寝ても覚めてもアクアな
アクア仙人にはなれませんでした。

でも自分のペースを掴めたことにより、
移り気な自分の割には、長続きしそうです。

これらを使った自宅水槽の中身はこんなです(2010.4)
水草水槽崩壊写真集

読者様のDIYにおける事故につきましては、
いかなる場合においても当ブログは責任を負いかねます。
内容を鵜呑みにせず、情報収集にお努め下さい。
アクアリウム機器改造・自作のさいの危険回避について

[△TOP][記事一覧][ホーム]