ホーム »記事一覧 »月別アーカイブ


« 2009年05月 | 2009年11月 »

2009年08月07日

[ 信者アニメ評論 ]

「サマーウォーズ」は完璧すぎて物足りない

ご無沙汰しております。早速観てきました。
要旨:
1.映画賞総なめか。脚本すげぇ
2.次回は、ブレイクスルーが無いと飽きられそう

予告編程度しかネタバレは無いと思います。

 

映画「サマーウォーズ」公式サイト

演出と脚本の完成度は大したもんです。
田舎とバーチャル空間という、水と油の要素を
恐ろしく巧みにまとめ上げています。

あと、監督のご結婚と、「家族」がテーマと聞いていたので
「あーあ細田監督丸くなったかぁ、毒の消えたフィルムかも知れないなぁ」と
思っていましたが、何のなんの、
人間関係に不安定な要素を織り込むことによって
そこから順序立てて「家族って素晴らしい!」を説明しています。

「家族って素晴らしい!」を「アタリマエダロ」として
過程を描かずに結論づけてしまうと、
同じイデオロギーを持っている人、
日頃からそういう事を実感できている人は
自分の立ち位置を再確認できて大満足なんでしょうが、
そうでない人には「ハァ?」となります。

いや私のやっかみじゃないですよ、
例えば反抗したい盛りの十代の人はそうではないでしょうか。
教育目的で作られたフィルム、
または完璧な善意で作られたフィルムの持つ
落とし穴に嵌っていない事に「さすが細田」と思いました。

さて後半では悪い点を。

完璧すぎて、スキマからはみ出てくるような情動があまり伝わってきませんでした。
あ、鑑賞中はドキドキしましたが。
ハヤオ爺のフィルムのほうが、脚本が滅茶苦茶でも情念が伝わってくるのは
どういうこっちゃ。
知的好奇心は物凄いレベルで満たされるのですが、
後を引くような感覚は無かったです。

なんというか、電子音楽と同じで
寸分の狂いのない完璧なリズム故に味気ないというか。
表情芝居などにギャグマンガチックな作画が散りばめられていて
「アナログ的ゆらぎ」を表現していたような気はしましたが
逆にそれに違和感を感じたほどです。

勝手な提案ですが、楽団員が優秀すぎて
監督の指示に寸分違わない演奏をしてしまうので
次回作には素人っぽい人か、
またはへそまがりの人を混ぜるのが良い気がします。

最後に、「時かけ」以降の「細田ブーム」に関して
個人的見解に過ぎませんが一言述べたいと思います。

特にアニメオタク層に言えるのですが、彼らは
「アニメの演出=見た目、スタイル」と思っていたフシがあります。
ぶっちゃけて言えば、
『ヤマカンや新房の演出はすごい!』であります。
(なお彼らの「スタイル」に関しては私は否定しません。)

そんな折りに、細田監督が、伝統的なモンタージュ技法などの
演出をハイレベルで操りながらやって来た。
それを観たアニオタさんがビックリして高評価に繋がった、
と私は考えています。

ですので、細田演出に「慣れてしまった」観客が
今後何を求めるか、と考えてしまいます。
「オレはこれが好きなんだぁ!」という
作り手のパッションではないでしょうか。

海外進出を狙っているのか、
お行儀を良くしたような描写もいくつかあったので
次回作では、もっと弾けて欲しいなぁと思います。
もっとこう、むっつりスケベな感じが欲しいのです。なんちゅうか。

過去に書いた記事
細田守『時をかける少女』演出ピークのズレ(2006年08月06日)
『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』にみる細田守のカメラワーク(2005年10月21日)

あーあと、私が前から応援してるモノをネタにしてくれて
ちょっと嬉しかったです。
嘘が多かったり取材してなさそうな感じでも、許せます。
(でも国際情勢を鑑みて差し替えました、という理由だったら嫌だなぁ)

[△TOP][記事一覧][ホーム]