ホーム »記事一覧 »月別アーカイブ


« 2009年08月 | 2009年12月 »

2009年11月27日

[ 信者アニメ評論 ]

『マイマイ新子と千年の魔法』は凡作か傑作のどちらか

減点方式の採点だと佳作~良作の映画で、
加点方式の採点だと傑作の映画である、といった感想です。

エピソードの内容などネタバレはありません。
(後述のyoutube映像にある内容については述べます)

「マイマイ新子と千年の魔法」公式サイト

では減点方式から。
クライマックスのシークエンスが、映画のタイトルとちょっとずれてしまい
結局そのまま終わるのがカタルシスに欠けました。

一般の観客は、後述するテーマ性を
「頼まなくても勝手に考えて補完、納得してくれる」存在ではなく
主人公たちの行動言動を銀幕上で追跡しているわけですから
これは肩すかしを食らうのでは無いでしょうか。

別に、ああいう展開で水を差された!けしからん!というわけではなく、
クライマックスにおいて、それぞれ別の思想で動いていた二人が
最終的に合流(テーマ的な意味で)しなかったのは「アレ?」と思いました。
(あーネタバレすれば説明しやすい)

今までと違う思想で動いた新子はどう変わったん?
そして貴伊子は新子に何を伝えたのか?

がスルー気味というのは、自分的にはちょっと不満です。

丁寧に丁寧に積み上げてきたパズルの完成形を見せられる前に
幕が下りてしまった感じです。
「あとはみんなで考えてね!(はぁと)」という意図なのかもしれませんが
(そしておそらく皆正解にたどり着けますが)
個人的には映画の中でやってほしかったです。
ただ、もう片方の二人組に関してはちゃんとオチがついていて
嬉しかったですね。

以上減点方式ですが、まぁこれは、スピルバーグ系映画で育った私の
視野の狭い映画鑑賞方法なのかもしれません。
でも一般の人はこんな感じじゃないかなーと思います。

(なお上記の批判については、他者の感想を読んでいたところ
「セリフにのぼらないなど分かりにくいが
実は描写されていたのではないか?」と思い始めました。
そういう意味では監督のこの記事は納得がいきます。
すでに映画を見た方にお願いがあります。 - メイキング・オブ・マイマイ新子

でも自分はファーストインプレッションを大事にしたいので
あえて書きました。)

(12/10追記:2回目観ましたのでこの論点は別記事でフォローしました。)

 
さて真面目くさった話はこれぐらいだ!

細部は神!
エロい!
監督の持つフェティッシュで満ちあふれているぜ!!

肩の高さから人物の後頭部を捉えたショットが良いです。
観客から表情が伺えないのがエロいです(プロモの中にもありますね)。
足元だけを捉えたシーンが多用されていますがこれまたエロい。
足フェチかよ!
そしてそれが物語的に重要だったりするのがまた良いです。

これを見てなんかムズムズしちゃった人は劇場に急げ!(速攻終わりそうなので)
まぁ私は公式トップのキービジュアル見ただけで劇場行こうと思いましたけどね!
監督自ら言ってるのでどうどうと書きますが、良い百合モノだと思います。
極めて正統的なガール・ミーツ・ガールです。

若年向けアニメの最近の潮流として、
ソフトレズ的行為をとにかく繰り返す作品が多いような気がします。
これは、
視聴者への釣り針になる描写を細切れに積み重ねる手法と理解できます。
大量のコンテンツを次々とザッピングしていく現代では
そういった手法は分からないでもないですが(実際に支持されている)、
釣り針が見え見えなのと、細切れでは大きなうねりが起こらないので
個人的にはイマイチ乗れません。

その点本作はベテランのワザを見せつけてくれます。
表面的でない内面における心の交歓を描くのが、百合の本道である。
割とマジに言ってます。

あと陰影マニア的には、夜のシーンがたいへん美しいと感じました。
「暗い」という表現はとても難しいと思いますが
懐中電灯という小道具を用いたのが白眉だと思います。
エフェクトや合成処理も含め
デジタル時代ならではの素晴らしい表現でした。
監督は昔からCGをさりげなく使うのが上手いと思います。

真面目な流れに戻りますが、
昭和の時代をいたずらに美化しない姿勢も好印象でした。
上のシーンには「チョコレートは贅沢品だった」という意味合いがありますが
そこから別に飽食の時代を批判したりしません。
ついでに千年前の社会を批判したりもしません。
ですので私のような若輩者でも居心地良く見られます。

千年ぶんを描くわけですから特定の時代に肩入れしないのは正解ですが
良く踏みとどまってくれたという感じです。
誰とは言いませんが、世代がもっと上の監督が作ったら
ミラクル説教タイムがあったことでしょう。


最後に、
千年分の時間を「土地」というキーワードでまとめあげ
超常現象要素無しで
違和感なく一本のフィルムに落とし込んだのはすごいです。
普通なら企画段階で蹴られますよ。完成形が全く想像できませんもの。
自分も積極的に吸収、見習わなくてはならないと思いました。

プロモを見て「??なんだこれは」と思った方は
是非劇場に足を運んでください。マジで興業的にやばそうなので。

 

超最後に、鉄オタ視点から(読まなくていいです)。
まさかアニメの中で、
工場引き込み線のディーゼル機関車(しかもロッド式)を見られるとは。いやーん凸型車両素敵。
貨車の台車(足回り)もちゃんと昔風だし。
蒸気機関車はさすがに誰でもちゃんと調べますが、
DLまでリサーチしていたとは驚きです。
見習おう。


『マイマイ新子と千年の魔法』上映存続を! - 署名活動するなら『署名TV』
よかったらお願いします。
(企画者に対しても)匿名可、メールアドレスがあればOK。
モバイル用:http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1385

2009年11月01日

[ 布教活動 ]

今になって穂高望(inspiredir)を推せる喜び、とかえで通りの今

この記事のリンク先には成人向けコンテンツが含まれています。

知り合いの小説家氏がうちに来て
「ある人が、エロゲ界隈で良い文章を書く人を捜しているんだよ。
いま波に乗っているというよりも、実力のある人。
どなたか知らない?」と言ったので

穂高望!穂高望!( ゚∀゚)o彡゚

と叫んでおきました。
返す刀で「対ノ日」をやらせたところ
「叙述のレベル高い。雰囲気の出し方もうまい。
エロゲ向きじゃねぇだろ色んな意味で」と高評価。
早速穂高氏の名前を先方にメールしたとのことです。
ここから先は外野の私が首を突っ込めるものではないので
あとは、氏に良い出会いがあることを望むだけです。

それにしても私は「相応の評価を受けること」の難しさを分かっている
 つもり なので、こういう推薦行為が出来るということ自体
望外の喜びなのです。いちファンとして、という以上に。

過去の信者文:
『対ノ日』(inspire)は至高の姉ゲーでした(2006年07月01日)
days innocentシリーズは自分にとって神ゲーです。
今になって模倣しようとしてる
ファンアートも描きます。珍しく

pixiv会員でないかたは直接リンクで。

そして2010年あたま、TECH GIANの付録にてこの人らの新作『chill out』が!
ふははは頑張っておられる。

ネットでの反応:

2009-10-21 - スピリッツ・オブ・リズム:

→“chillout”は開発の遅れで連載開始が年明けにズレ込むとのこと。inspire信者は皆、忍耐のスキルを持っているから問題無し(ぉ

junk-plus:inspire dirの新作が始動!

 それと、穂高望は早く一般小説の賞に投稿するように。おかしな賞に応募しなければ、間違いなく受賞する。受賞しなければ選考委員が無脳の証左。

同意です。というか物凄い一体感を感じる笑
休眠工作員しながら本国の指令に耳を澄ませている状況ってこんな感じだろうか。
でもエロゲ商売には完全に不向きな作風(ファンが言うな)なのに
このジャンルにまだ居られることに男気を感じたりしてる信者の揺れる心。

このメディアの持つ多様性に魅力を感じている身としては
(それが2000年ごろを境に過去のモノになっていたとしても)
こういう人がもっと居ていいと思うのです。

ーーーーー
こっから先は信者以外にはどうでもいい話。
先月所用でかえで通りに行ってきました。
場所は東京都府中市、分倍河原駅前。

kaededori_bubai.jpg

通りに立つ看板は皆このタイプ。うーん金掛かってます。
でもアレですね、FUCHU CITYって書かれてるので
あのゲームの舞台に来たよ!って感じではないです。
コミュニティバスがガンガン走っていたり
個別収集に向けてゴミステーションを全廃しようとしてたり
なかなか住みやすそうで綺麗な街ですが、建物は多いし。
むっち達は居ないな、ここには。

kaededori_musashisakai.jpg

いっぽうこちらは武蔵境駅前のかえで通り(武蔵野市/三鷹市)。
うむ、この匿名性がグッド。周りは府中よりも畑が多いです。
(注:写真共に2003年時点のもの)
頑張って妄想すれば会えそう。

そういえば府中のかえで通りは、2003年には無かったような。
全国を探すともっといっぱいあるのでしょうか。
うーん、本当に信者以外どうでもいい話でした。

同人サークルinspiredirのサイト:
http://www14.plala.or.jp/inspiredir/

かえで通り -Gechu.com

[△TOP][記事一覧][ホーム]